Accepted paper:

御神楽とご祈祷-四国のお神楽で奉納される祝詞について-

Authors:

Cahit Kahraman (Namik Kemal University)

Paper short abstract:

四国・愛媛県の山奥にある村島神社で毎年の春大祭にお神楽の行事が執行される。村島神社をめぐる信仰または祭りが手厚く行われているのである。その一例としてお神楽があげられる。村島神社は元々無人社であるが、祭事の際多くの村人が山に集合するのである。お神楽の祝詞は如何なるものなのか。その内容はどのようなことを伝えているのであろう。祭り全体の30分も占めている祝詞奏上は主催者の趣旨を濃縮しているのである。平成18年から現地の祭り及び信仰について調査を続け、お神楽の一部「祝詞奏上」とその文の構成を分析し、地域の人々との繋がりや神社芸能のあり方を考察する。

Paper long abstract:

四国・愛媛県の山奥にある村島神社で毎年の春大祭にお神楽の行事が執行される。村島神社をめぐる信仰または祭りが手厚く行われているのである。その一例としてお神楽があげられる。村島神社は元々無人社であるが、祭事の際多くの村人が山に集合するのである。5時間も続く祭事の一番目は本殿で行われる祝詞奏上である。神主が祝詞奏上をあげ、代表者たちが玉串奉奠を捧げる。お神楽の祝詞は如何なるものなのか。その内容はどのようなことを伝えているのであろう。祭り全体の30分も占めている祝詞奏上は主催者の趣旨を濃縮しているのである。平成18年から現地の祭り及び信仰について調査を続け、お神楽の一部「祝詞奏上」とその文の構成を分析し、地域の人々との繋がりや神社芸能のあり方を考察する。

panel S4b_13
Papers V